業者を探す

建物で雨漏りが発生した場合には、速やかに建築会社に連絡し、調べてもらう必要があります。
雨漏りというと、屋根から発生しているというイメージがありますが、屋根ではなく外壁から発生している可能性もあります。
そのためまずは、屋根のみではなくエクステリア全般に関する知識の豊富な建築会社の調査が、必要となるのです。
もちろん建築会社は、調査によって問題のある箇所が特定できれば、そこを修理してくれます。
仮に屋根と外壁のそれぞれに問題があった場合には、その両方において修理をほどこします。
応急処置だけでなく、補強工事も依頼することができるため、それによって雨漏りトラブルが解消されるのはもちろん、以後しばらくは雨漏りを心配せずに過ごせるようになります。

雨漏りの原因が屋根にある場合には、修理は屋根材の交換または、屋根の上に新しい屋根材を敷くという方法でおこなわれます。
屋根材を交換する場合には、既存のものを撤去することになるため、撤去の費用と廃材の処理費用とが別途かかることになります。
そのため、昨今では新しい屋根材をかぶせるという方法で修理がおこなわれることが増えています。
これなら、撤去費用や処理費用はかからず、足場代や屋根材の費用や人件費などしかかかりません。
具体的には、一般的な大きさの戸建住宅で100万円ほどです。
また、外壁に原因がある場合には、隙間を埋めるためのコーキングや塗装がおこなわれます。
外壁の一部分だけに修理をほどこすこともできますが、その場合新しい塗料との色の違いが目立つようになるので、外壁全体にほどこされる場合が多いです。
かかる費用は、一般的な戸建住宅の場合で50万円から100万円ほどとなっています。