無料相談

家も新築の時から10年も経つといよいよあちらこちらで痛みや故障が出てきます。
特に日本の気候の場合は冬は寒く乾燥し、夏は暑く多湿のため建物が傷みやすく、雨漏りなどになることもよくあります。
では、もし運悪く屋根から雨漏りがしたらどうしたらいいでしょうか。
真っ先に思いつくのはバケツや洗面器などで一時的に防ぐことです。
この応急処置は時間とお金がかからない一方で根本的な修理にはならず、雨漏り箇所がひどくなるだけです。
そこでできるだけ修理業者にお願いをするべきです。
修理業者を選ぶポイントはできるだけすぐに自宅に駆けつけてくれる業者であることと修理代金がハッキリしていことです。
その点が不明確なままだと下手に修理を頼んでも、結果的にそれが失敗だったということもあり得るからです。

雨漏りで注意するべきこととはどんなことでしょうか。
それは、できるだけ早く修理を依頼することです。
お金がないからと言って雨漏りをそのままにしておくと天井全体に水が滲みてきてだんだんと天井が腐ってきます。
その結果、天井全体を取り替える羽目になり、早めに業者にお願いした時と比べて何倍もの金額を払う結果になってしますのです。
また、梅雨の時期は特に雨が多いですが、そのまま応急処置のみで放っておくとやがて部屋にカビが繁殖してしまいます。
カビが繁殖することで小さい子供がいる場合はアレルギーなどを起こすことも十分に考えられますし、なんといっても清潔とは言えません。
これは見方を変えれば、常日頃からいざというときのために貯蓄は最低限蓄えたほうがいいということでもあるのです。
できるだけ余裕をもって雨漏りに対応できるようにするべきなのです。